NOT PANTA COLE SHOW Vol.1

2005.2.10
@ 大宮 アコースティックハウス「JAM」

PANTA画像

安全バンドのドラマーの伊藤純一郎(ジュンペイ)は、このところずっとJAZZに傾倒し、セッション・メンバーを率いて、大宮のライヴハウス「Jam」に準レギュラー出演していたのだが、PANTAもまた、西荻窪「アケタ」に出演し、錚々たるジャズメンをバックにスタンダード・ナンバーを歌う、という試みにかねてから挑んでいた。

たまたま管理人の私も、ジャズ・ヴォーカル、スタンダード・ナンバーには大好きなものがたくさんあり、とりわけ好きな一曲「酒とバラの日々」を、酒の飲めないPANTAに歌ってもらうという洒落を思いつきPANTAに提案、面白がってくれて、じゃぁジュンペイが次にやる時に、ということでこの日の企画となった。

もちろんその1曲ではもったいないので、ちょうど2月5日に誕生日を迎え、PANTA55歳での初ライヴになることにちなみ、PANTA憧れのナット・キング・コールのレパートリーから「Too Young 」を選曲したり(「夢見るころを過ぎても」も候補にあったのだが、お祝いに?ジュンペイ氏が歌ってしまいました/笑)、色々と工夫をこらしたこの企画、まずはPANTAの「ずっとラスベガスでショウをやってたんだけど、今日のために帰ってきました」というMCで爆笑スタート。

では、その後の模様は、安全バンドSESSIONも交え、次のページのスライド・ショーで。写真の白わく右下の、PREVIEW⇔NEXTボタンをクリックしてご覧ください。