追悼 塩次伸二氏

去る10月19日、急死された塩次伸二さんへの追悼の意味を込めて、URCに残る塩次さんの写真をUPします。

ウエストロード・ブルーズ・バンドのギタリストとして、塩次さんには、1973年9月21日の3ポイントと、1973年及び75年の「田島ヶ原」に出演していただいています。それ以外にも、URCスタッフが関係した複数の学園祭やイヴェントに、何度も出演していただいています。

ウエストロード・ブルーズ・バンドはURCに大きな力添えをいただいたグループであり、また安全バンドや四人囃子との共演の機会も多く、あの時代を顧みるとき、我々が決して忘れることのできないグループのひとつです。

URCにわずかながら残っていた彼らの写真は、75年の田島ヶ原のもので、他の多くの写真と同じく柿本桂一氏(STUDIO101)の撮影によるものです。この時のウエストロードは山岸潤史さん脱退後の編成で、アフロで白っぽい衣装のギタリストが塩次さんです。半分はステージ後方からのアングルですが、使用可能だったショットすべてを全8枚のスライドショーにしました。

左サイドのメニュー、Photoから入って1970s→田島ヶ原→1975へとお進みください。

こちらからも飛べます。
(田島ヶ原→1975)

・・・現役のギタリストしても精力的に活動を継続・展開されていた中での突然の訃報が、ほんとうに残念でなりません。熟して行く姿を、熟しきるまで見せてほしかった。心より御冥福をお祈りいたします。

* * * * * * * * *

※塩次さんの公式サイト

※塩次さんが倒れられた日に出演予定だった、栃木のお店の方が、その日の仔細な状況をブログにUPしています(08/10/20と10/22の所)。

妹尾隆一郎さんが、集中治療室にいる塩次さんを思いながら最後に「STAND BY ME」を演奏されたパフォーマンスの描写には、とりわけ胸が詰まりました・・・(辛い作業だったと思いますが「伝える義務」を果たされた関係者の方々に感謝します)。

追記:今度はその妹尾さんが、22日深夜に交通事故に遭い、骨折して入院との報せ・・・命に別状はないそうですが、それにしても何なんだ、この不幸の連鎖は・・・

妹尾さんには、74年に「黒ん坊たち」と題して浦和で開いたレコード・コンサートで、スィートホーム・シカゴBBの山口博三さんと共に、DJとしてご協力いただいたことがありました。妹尾さんの一日も早いご快復をお祈りいたします。