蓮実研一 INTERVIEW

35年前(2005年現在)に始まるURCのHISTORYを綴るには、何よりもURC創立時のメンバーへのインタヴューによって直接の証言を得ていく必要がある。管理人は初めは単なる客の一人でしかなかったので、創立時の状況については実はよく知らないことが多いのだ。そしてそのインタヴュ−は、何と言ってもまずこの方の話を伺うことから始めるほかはない。URC創立の中心人物、蓮実研一氏である。

創立時のメンバーとしては、安全バンドのマネージャーとしての活動も行なった、滝口修一氏の名前のほうが世に知られている(もちろん彼も重要な位置を占めていた)が、いわば台風の目のように中核にいたのは蓮実さんであり、彼の発想、認識、技術的能力、そして爆発的な行動力からURCのすべてが始まったといっても過言ではない。

私が正式にスタッフとして参加した72年の時点では、蓮実さんは既にURCの活動から身を引かれており、数々の伝説を残した、ある種神話的な存在となっていた。とはいっても、浦和の街中でお会いすることはあったし、彼のバンドでギターを弾いたりしたこともある。しかし蓮実さんがURCについて、ロックについて、どう考えているのか訊いたことは一度もない。後追いで始めた当方にとっては、畏れ多い方だったゆえだが、彼のほうも決して自分から話そうとはしなかった。

しかし今回、とうの昔にロックを過去のものとして葬り、別の道を選ばれた蓮実さんに、初めて正面からURCについて語っていただき、今ごろ初めて知った多くの驚きの事実も含め、極めて貴重なお話を伺うことができた。


読みこんでいただければわかるはずだが、とはいえ話し言葉を文字に変えての再現には否応なく限界があるので、念のために説明しておくと、単なる事実関係についての話はともかく、事の本質的な部分についての蓮実さんの語り口は、極めて重いものだった。ほとんど訊問のごとくこちらが質問を重ねて、無理矢理話をしてもらったようなものである。

たとえ、(笑)と入っていても、それは必ずしも明るいものだったわけではない。途中、申し訳なくて、質問をやめようかと思った部分もあるのだが、そのお人柄に甘えて、こちらのエゴを通させていただいた。元々がまったくもってこちらの都合でしかないインタヴューであり、蓮実さんにとっては迷惑な話でしかなかったはずだ。私の懇願を断りきれずご協力いただいたことには、心の底から感謝しています。

前置きが長くなってしまったが、それではご一読ください。内容はかなり整理したものの、それでも1万5千字に及ぶ長さとなった。このインタヴュ−は、URCというものがどうして出現したか、さらにはそれが、是非は差し置き(笑)なぜ曲がりなりにもその後の継続性を持ちえたのかの、一つの答が示されるものになったと思う。

なお、サポート的に、滝口氏にも同席してもらった。

(URC HP管理人/高沢正樹)