*1969.9.12(fri)◎
『黒くぬれ!』レコード・コンサート

ウラワ・ロックンロール・センター(URC)の前身とも言うべき「致命的ストーンズ中毒者同盟」が主催したイヴェントのポスター。

浦和駅の近くにある、東京電力のビルの狭い一室が無料で借りられたのを利用して開かれた。ポスターに書かれたプログラムによれば、クリーム、ジミ・ヘン、ビートルズが第一部、第二部がストーンズ、第三部がリクエスト・タイムとなっている。

「中毒者同盟」といっても、実態は主宰者でありURC創立の中心人物、蓮実研一が一人で名乗ったものである。当日は彼の名調子のDJが聴けたはずだが、会場には音響設備など何もないので、URC創立に参加する滝口修一(のちに安全バンド・マネージャー)の家からパイオニアの家庭用セパレート・ステレオ・セットを持ち込んだ。

蓮実は特にレコード蒐集家というわけではなかったから、彼の友人・知人が持ち寄ったレコードも大いに活用されたようだ。

そうした人間関係は、埼玉べ平連や党派関係のデモや集会、あるいは県立埼玉会館の建物の一角にあったオープン・スペース(設置されていた照明の姿形にちなんで「くらげ」と呼ばれていた)で築かれたものだった。「くらげ」には、日頃から活動家だけでなくドロップアウト気味の青少年がたむろしていた。一、二度だったが、私も訪れてギターを弾いて何やら歌った覚えがある(笑)。

ともあれ、レコード・コンサートとはいえ、この日が、浦和において(恐らく埼玉県全体においても)初めて自覚的なロック・イヴェントが開かれた日であったことは間違いない。そしてこのほぼ1年後に、ウラワ・ロックンロール・センターが発足することになる。

この日発行されたリーフレットの文章の見出しは、「君、黒くぬりたいとは思わないか?」というものと「ブラック・パンサーがやってくる!」だった。黒はアナキストのシンボル・カラーであり、当然蓮実はその意味もかけていただろう。また後者は、埼玉べ平連が10月に埼玉会館大ホールでブラック・パンサー党員の講演会を開いたことを指す。当然こちらも黒色が象徴であり、蓮実の中では「Paint-It Black〜アナキズム〜黒豹党」の三位一体状態が沸騰していたと思われる。

※ポスター中央下の囲み部分は、クリックすると詳細を読むことができます。

※上記リーフレットについては、こちらを。スキャンした画像で文字を読むのは限界があるので、後日テキスト・ファイルにしてUPします。