1969~1977▲
(黄文字のコンサートはURC主催)
1969
(春)
長沢博行(Vo,B)と伊藤純一郎(Ds,Vo)が東洋大学軽音楽部で出会い、安全バンドの歴史の扉が開く
1970
(春)
長沢と伊藤、同じ東洋大軽音の添田というギタリストとともに、安全バンドとしての本格的な活動を開始。学園祭でのイヴェントなどに出演
(秋)
添田に代わって、同じく東洋大軽音のGROOVY SOUNDS JAZZ ORCHESTRAでギターを弾いていた相沢民男(Vo,G)が参加し、初期トリオの活動形態が固まる
11月 立教大学における日本のロック界の伝説のグループ「エム」のコンサートに出演。実質的なデビュー・ライヴ
1971
6月 鎌倉市民会会館でのコンサートに出演
6月21日 浦和市民会館での<無名バンド総決起集会vol.1>に出演。ウラワ・ロックンロール・センター(URC)主催のコンサートに初登場。以後圧倒的支持を受け、URCの活動を中核で支える存在となる。また以後協力関係が続く四人囃子とも、このコンサートで初共演
7月 この頃から渋谷のライヴハウス<BIG>に毎月出演
8月8 〜9日 一大野外フェスティパル<精進湖ロックーン>に出演。モップス、麻生レミ、スピード・グルー&シンキ、頭脳警察、モップス、かまやつひろし、ガロなどと共演
8月28日 浦和駒場サッカー場でのフリー・コンサート<フェニックス>に出演。共演に頭脳警察、四人囃子、ニュー・ダイナマイツ他
9月 目黒公会堂での<エム・コンサート>で再びエムと共演
10月 <全日本ロック・ツアー>にブルース・クリエーション、はっぴいえいんどと共に参加し、函館を皮切りに、名古屋、甲府、茂原等を巡演
この頃から渋谷<jean jean>にほぼ毎月出演するようになる。また鴬谷<イン・クラウド>に、12月の店の閉店まで、月数回出演
10月17日 日比谷野外音楽堂での<日本語のろっくとふぉーくのコンサート>に出演。エム、南正人他
11月21日 一橋大学でのロック・フェス「葬」に出演。ブルース・クリエーション、はっぴいえんど、ザ・サード他
(秋) この秋の大学学園祭で大活躍する。出演した主な大学は、  束京理科大、東洋大、信州大、立教大、芝浦工大、日大、立正大、明治大、中央大、明学大、学習院大など
12月 NHKのラジオ番組<若いこだま>に出演
1972
1月16日       日本青年館での<聖ロック祭>に出演。頭脳警察、村八分、はっぴいえんど、遠藤賢司他
3月 豊島公会堂での<チューズデイ・ロック・コンサート>に出演
4月22日 埼玉会館大ホールでの<フラワー・トラヴェリン・バンド帰国コンサート>に四人囃子と共に出演
5月 福島文化センター・ホールにおけるコンサートに出演
5月13日 <日本語のろっくとふぉーくのコンサート>に出演。はっぴいえんど、ブルース・クリエイション他
6月3日 日比谷野音での<聖ロック祭>に出演。はっぴいえんど、はちみつぱい、RCサクセション他
6月24日 浦和市民会館での<ロック・コンサート>に出演。乱魔堂、四人囃子と共演
7月 大宮市民会館におけるコンサートに出演
7月23日 日比谷野音でのヤマハ主催のコンサート・シリーズ<ロック・エリア>に出演。頭脳警察、ジュリエット、陳信輝他
8月 ラジオ関東公開録音のフリー・コンサートに出演
横浜ドリームランドにおけるコンサートに出演
福島忍山でのロック・フェステイヴァルに出演。カルメン・マキ&OZ、四人囃子他
この頃から吉祥寺<OZ>に、同店が73年9月に閉店するまで数多く出演
8月15日 日比谷野音での<War Is Over?>コンサートに出演。フラワー・トラヴェリン・バンド、頭脳警察、ジュリエット他
8月24日 甲府県民会館でのイヴェント<ロック夏期講座>に、四人囃子、小坂忠&フォージョ−ハーフと共に出演
9月16日 日比谷野音での、ミュージシャンの主催によるフリー・コンサートの試みに参加し、主催、出演する。他に四人囃子、頭脳警察、洪栄龍、ゲッセマネなどが関わる
10月6日 上野水上公園での<ZERO祭>に出演。頭脳警察、三上寛他
10月15日 日比谷野音での<日本語のろっくとふぉーくのコンサート>に出演。RCサクセション、古井戸、モップス他
10月 ラジオ関東の加藤和彦の番組に出演
(秋) この秋も大学学園祭で活躍。出演した主な大学は明治大、明学大、亜州亜大、桜美林大、家政大、東洋大、日大、和光大、埼玉大、和洋女子大学など
12月 豊島公会堂におけるコンサートに出演
1973
3月 毎週金曜日にURCがライヴ企画を実施した、銀座<3ポイント>に、以後3年間に渡りレギュラー出演
4月28日 浦和市民会館での<全日本ライト級タイトルマッチ・コンサート>で四人囃子と共演
5月 日比谷野音におけるコンサートにタージ・マハル旅行団と共に出演
青山タワー・ホールでの<大木トオル・デビュー6周年&ザ・サード・デビュー3周年記念コンサート>に出演
5月7日 市ヶ谷私学会館で開かれた、浦和市議小沢遼子氏の「よそもの連合太平記」出版記念パーティに招待され演奏
6月 神田共立講堂におけるコンサートに出演
浦和市民会館での<子どものためのロック・コンサート>に出演(主催者に宮原安春氏)
8月1日     〜9月13日 後楽園のプール・サイドで、四人囃子と交代で連日「営業」ライヴ
8月2日 NHK浦和FMの番組<サタデイ・ミュージック>の、入間市での公開録音(会場は郊外型家具屋の大きなビルの屋上)にゲスト出演。後に正式メンバーとなる中村哲のバンド「ダムハウス」と初共演。ダムハウスには、やはり後にライヴのサポート・メンバーとなるギタリスト、藤田義治も在籍
8月3日 <3ポイント>出演時、NHK教育放送のTV番組「若い広場」用の映像収録
8月11日 新宿ラ・セーヌに出演
8月 東北ロック・ツア−。横手市民会館、八戸海岸公園、山形県民会館(8/12)、岩手県民会館(盛岡)、福島県民会館での各コンサートを巡演
8月18日 <俳優座ロック週間>に出演。頭脳警察、四人囃子、ハルヲフォン他。ドラムの伊藤は、頭脳警察のトシが結成した「エレクトリック・パーカッション・グループ」でも同日に出演
8月下旬 NHK の「若い広場」で3日の収録映像がオン・エアされる
9月15日 浦和市郊外の通称「田島ケ原」で約千人を集めて開かれた野外フリー・コンサート<フェニックスvol.2>に出演。エディ藩グループ、タージ・マハル旅行団、ウエストロード・ブルースバンド他
10月 名古屋においてキャロルとジョイント・コンサート
(秋) この秋出演した学園祭の主な大学は、青山大、明学大、城西大、明治大、東洋大、和光大、東京理科大、埼玉大など
11月
〜12月
ヤマハのロック・ツア−企画<ロック・イズ・ショック>に頭脳警察、四人囃子、エディ藩グループと共に参加。浦和を皮切りに横浜、宇都宮、新潟、千葉、茂原、東京を巡演
12月21日 中野公会堂での<寒々閑々コンサート>に出演。四人囃子他
1974
(1〜2月、メンバー、スタッフの入院によりライヴ活動を休止)
3月 この頃からライヴ・ハウスを中心に演奏活動再開
5月25日 浦和市民会館での<エレクトリック・トラベル・シリーズvol.1>にゲスト出演
6月2日 日比谷野音での託児所付コンサート<扉をあけて>に出演。頭脳書察、イエロー、ウエスト・ロード・ブルース・バンド他
7月27日 日比谷野音での<魔女コンサート>に唯−の純男性バンドとして出演。加藤登紀子、中山千夏(with佐藤允彦とがらん堂)田中真理、中山ラビ(with洪栄龍&スラッピー・ジョー)、松島トモ子他
8月 70年代最大のイヴェント、郡山<ワン・ステップ・フェスティバル>に出演
前橋市民会館におけるコンサートに出演
豊橋市民会館    〃
館山市民会鮨    〃 
9月 シアター・グリーンにおけるコンサートに出演
9月10日 浦和の田島ケ原で前年に続いて開かれた<フェニックスvol.3>に出演。タージ・マハル旅行団、佐藤允彦とシャドウ・マスク+中山千夏、ミスタッチ(四人囃子の佐久間正秀及び茂木由多加在籍)他
9月21日 中大附属高校での文化祭(白門祭)のコンサート<外へでよう>にゲスト出演
(秋) この秋出演した学園祭の主な大学は女子美大、東京理科大、和光大、東洋大、日大(三島)など
11月30日 九段会館での刑法改悪反対イヴェント<やっちゃうフエスティヴァル>に出演。内田裕也と1815ロックンロール・パンド、クリエイション、野坂昭如、小沢昭−、中山千夏、佐藤允彦とシャドウ・マスク、井上ひさし他
.....to be continued
※これ以降の記述だけでなく、この表はまだ色々と不充分な点があります。今後の更新でより緻密なものにして行く予定です。